スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スパンヤオの受難

今回の旅はスパンヤオと同行であった。
スパンヤオの方は4/25~5/6という鬼日程だ。

4/25に香港へ飛び、マカオで二泊
4/27に香港へ飛んだ私と香港空港で合流し、一路東莞へ
4/29に東莞から香港に戻り、私は帰国、スパンヤオはそのままバンコクへ飛んだ
そして、「警察に捕まった」というのはツイッターで既報の通りである。

LINE_001.jpg



罪状はどうやらポイ捨てのようだ。
スパンヤオ曰く「屋台のおばちゃんに聞いたところ、座っててゴミポイ捨てしても罰金取られる、らしいです。」とのことだ。
なお、捕まった際にテントに連行されたそうだが、そこにはたくさんの外国人がいたらしい。皆さん、気をつけましょう。

とりあえず、捕まったというのは逮捕でなく連行罰金で済んだようなので胸を撫で下ろしたのだが、くだんのLINE後に忽然と連絡が途切れた!

定時連絡(昨夜の成果)も来ないし、
なにより新SIMの電話番号を通知して来ない。
これは明らかにおかしい。何か遭ったに違いない。
日本にいる同士達は色めき立った。「奴なら何があってもおかしくないからな。」


そして、私の渡航日を迎えた。
今回のホテルはキングストンスイート。スパンヤオも同じホテルだ。
チェックイン時にフロントで聞くと「そんな客はいない」との返答。

!?

んなアホな。
食い下がって聞いても居ないの一点張り。
さすがの私もこれにはかなり焦った。
出来ることは、連絡が来ていた時に奴が行った先々で昨日今日の目撃情報を調査するだけだ。
とりあえずテーメーのセミプロか、R2のあいつらに聞けば何かわかるだろう。

私はチェックインして用意もそこそこに飛び出した。(自分の部屋にもトラブルがあったが…)



まずはテーメーへ。
知った顔を探すと、YOU似ロンスカソバージュのセミプロが立っている。

YOU.jpg



こいつは今まで結構話したことのある顔見知りだ。
いきおい「スパンヤオを見たか!?」と聞くと、ちょっと考えて「昨日見た。」と言った。

マジか!でかした!

ここでちょっと安心した。しかし、なぜ連絡して来ない?今日は何処にいる?
私は次に、ナナプラザへ急いだ。

R2にIN。
席が全くなさそうだ。何処に座ろうか俊順すると、

「バド!」

奥から馴染みのデックサーブの声が聞こえた。
こいつはデスノートの『レム』に似ている。デックサーブの仕事的にもかなり使える奴だ。
それにしても、一瞬で私を把握して自分のテリトリーに呼び寄せる技はさすがと唸らせられる。

レム1




レムにスパンヤオを探している旨を話すと、壇上を指差した。
ちょうど壇上に上原亜衣が登ったところだった。
私は「よう。」と声をかけようとすると、上原は私を一瞥した後、後ろを振り向いた。

上原亜衣2



そこには両手を振っているスパンヤオの姿が。
めちゃくちゃ元気そうじゃねーか!私はマンガっぽくズッコケた



しかしスパンヤオの隣に行くと、第一声が「すべてを失いました・・・。」

なんだなんだ、どうしたんだ?らしくないじゃぁねーか。

聞くと、iphoneを失くしたらしい。
失くしちゃいけないもの序列第3位だ。(1位パスポート、2位サイフ)

どうもバイタクでソイカに向かっている最中、急停止した際に何か音がしたらしい・・・
いつもなら落ちないが、その時はあいにく現地で買った着慣れていないハーフパンツ。
まさかと思って手を入れると、、、iphoneが無い!!

すぐにバイタクを止めて支払い、戻って探したが見つからなかったそうだ。
落としてから止めるまで100mくらい、探した時間30分、既にさらわれたか・・・?



そして段々焦りだした。
なにせ彼は、パスワードロックをしていない。
さらに、海外パケ放題の登録もしていない。

拾われて、飛行機モードを解除された瞬間から・・・青天井の恐怖

止めてもらうために実家に電話するも、日本はすでに深夜1時、出ない。
私や別のスパンヤオに電話したいが、番号が分からない。
無論、ソフトバンクの緊急連絡先など知るわけが無い。

そこで彼が取った行動は、「とりあえずR2に行って、友達(馴染みの嬢)に携帯を貸してもらう。」

行動は早い。速攻でR2へ赴き、嬢をロングでペイバー。
その子の携帯はiphoneなので操作しやすく、日本版ヤフーのTOPから緊急連絡先発見し止めた。
失くしてからここまでの所要時間、約二時間。
最善を尽くせども、その間にどうされているか?

彼の恐怖は、
『上がると分かりきっている時に、手違いでSを週明けまで持ち越してしまったFX』と同じ。
私にはよくわかる。

失くしてから此の方、遊びなど楽しめなかったろう。

「次の日、罰金取られた警察に会ったんですけど、そいつにiphone失くしたから探してくれと頼んだら、
『Buy new、Buy new、マイペンライ』
探す気なんかまったくねーんすよ。あいつらクソっすね。」

(ちなみに彼自身も、『Find iphone』を知らなかったりするのだが。)


暗い気持ちになると、行き先々で選択もはずしまくる。
最後に吐いた言葉が、

「俺、しばらくタイに来ないっす。さすがに今回は・・・」

「おお、そうか、そうだよなぁ。」と彼を慰めつつ、
「じゃあ、次はアンヘレス行くっきゃねぇなぁ。」くらいしか言えなかった。


円安による経費のダメージ、罰金、更にはiphoneロストの恐怖。
悪いことは重なる。負が重なると、メンタルが萎えてくる。そして、どんどん悪い方向へ進んでしまう。
彼もばくち打ちだからよくわかっている。
こういう時は、運が向くまで(気持ちが回復するまで)場を洗った方が良い。


こうして我々は、タイで共に楽しみ合える優秀なスパンヤオを一人失った。








・・・はずだった。


彼の最終日の昼間、泣きの一回をしにプロンポンのマッサージ屋へ赴いた。
なんとそこで大当たりだったらしい。出てきた彼の顔は、この旅一番のニコニコ顔だった

「いやぁ、こりゃぁまた来るっきゃないっすね!」

現金なものである。かしこ。



P.S.ちなみにパケット青天井の恐怖は事なきを得たようだ。
これも、状況が悪いときに、出来うる最善を尽くした結果だ。
悲観して落ちているときこそ、手持ちカードの中の最善を尽くす。
そしたら最悪だけは免れられる。
最悪さえカバーできれば(生き残ってさえいれば)、後は上がるだけ。
博打でも人生でも、これは同じことだよなぁ。
スポンサーサイト

R2の雰囲気に、肩のひっかかりを感じた件

本題から離れて久しい(私の悪いくせ)が、2013年GWを終えた所感を記しておきたい。
以下はあくまで私の主観であり、他の方々がどう感じるかはわからない、という言い訳を先に言っておく。


私は昨年下半期~今年2月まで毎月訪タイしていたうち、バンコクに居た際は毎日一度はR2を訪れていたR2ウオッチャーだ。
もちろんPZT(パーマネントずっぽしトラベラー)funiccoさんや、GOGO観察職人プロ中のプロ新羽さん程の域には達していないものの、
ただのPZ一般ピープルの中では結構なR2ウオッチャーであると思っている。
今回ゆえあって2ヵ月半ぶりとなったが、3日間でのべ6時間ほどたっぷりウォッチしてきた。



【私的メモ】悪いところ編

21 かわいすぎる
3,6,90 ちょっと目周りの化粧ノリが悪くなってるような?疲れているのか?以前ほど「圧倒的感」が薄れたような?
39 化粧がちょっと間違った方向に向かってるような?もっとナチュラルメイクの方がかわいいのに。
48 完全に疲れているのか、目の下のクマがヒドイ。腹にタトゥーが増えている・・・。
75(元003) わがままっぷりが増したような。
92 ヤンママ化してきたか。

【私的メモ】良いところ編

29 新顔。お嬢様系。惹かれる。
30 新顔。内田有紀っぽい面影。
47 逸材との噂だが、ぜーんぜん現れない。(PBの嵐) 最後にようやっと見ることが出来た。うーむ、逸材だ。これは良い。通称『こじはる』だが、こじはるより細い。


断っておくが、上記悪いところ編はあくまで『重箱の隅をつつく程度』である。
嬢レベルが100点満点だとしたら、今まで95点だったのが90点になった程度だ。化粧くらいしかケチのつけようが無い。
私の採点では、現状バンコクNo1、いや、世界No1ゴーゴーであろうバカラでも80点。R1が70点。
どんだけR2が抜けてるんだって話だ。トータル嬢レベルで言えばR2の圧勝だ。

しかし。
私はR2にのべ6時間いて、肩に妙なひっかかりを感じた



※注:肩に妙なひっかかりを感じた
麻雀用語。現在、麻雀漫画の金字塔となっている作品『天牌』で用いられてから広まった。
この牌を切るのが最善、それ以外はあり得ないのに、なぜか第六感が切るのをためらわらせること。

肩に引っかかり

ここで8ソウ以外切る奴いるのかよ!




要は、R2が一番良いのはわかっているのに、なぜか妙な雰囲気を感じる



・・・その正体はなんだ? 菊田の九蓮の招待はなんだ?


ちょうどその時、私の隣で召還されていた○番を見て、
そして、PBされてから20分で戻ってきた○番を見て・・・


・・・・あ!・・・・こ、こいつら・・・、客を舐め始めてきたな・・・?


R2の良さとは、キャピ軍団の華やかさに彩られ、かつ、その彩りの接客がまた素晴らしかったことに由縁する。
それがごくわずかにであるが、薄れてきたような気がする。

君は「そりゃ、お前にだけだろ。」と思うかもしれない。
違うのである。私は次の回から後述する理由により、彩りメンバーを召還することは叶わない。
しかし、「イーナー、あいつら。(召還している客)」というのを眺めるために、長時間R2に居るのである。
その「イーナー、あいつら。」というのを眺めているだけで、こっちも楽しいでのある。

ここまで素材の揃ったR2より良いところがあんのかよ?と思うだろう。
ところが今回R2で、イーナー、オレも召還したいナー、PBしたいナーってのが感じられなかった。
むしろ、R1の方がPBしたいナーって思わせる要素が高かったように思う。
そんなバカな。(いや、R1も元々素晴らしい所だけどね。)

それをバカな






我々のように博打を長く打っている人間は、機を見るに敏感だ。
流れの転換期を読み、常に次の打牌の先読みをしていかないと、長い間博打で食うことは出来ない。
それと同じく、GOGOの虎達は、すでにきっと次の場所を模索しているはずだ。
ノーマークの場所を!!

ノーマークの所にしてやるか

鮫は最近誰も使ってない。薬だ、年増だらけだ、などと嫌煙されてたくらいだ。




これはあくまで極わずかな歪みであり、それが本流になるには時間がかかるであろう。
むしろ、この程度の主観的なゆがみなど問題ないかもしれない。

しかし、きっかけは些細なことから始まる。
先立って他店で踊っているネタなど出たのも然り。良いときにはそういうのは出てこない。
博打で言えば、『アヤを付けられたら落ち目の始まりと思え』
真に良いときには、アヤすらつけられないのだ。
(※他店で目撃したのがアヤというわけではありません。それは事実で、でも、良いときはそんなことしないだろう?というのが本筋です。もちろん、ビジネス的観点から見たらNo1店を偵察することはあたりまえの・・・ってこんな説明要らないっすね。)

花の命は短いのが世の常だ。
これが凋落の一途につながらなければ良いのだが。おじさんはそれだけが心配だ。



だが、しかし。再度しかし。
初見の諸君に関しては、まだまだR2は素晴らしいところである。
是非一度訪れてもらいたい。
何度も言うが花の命は短い。今が見ごろ、食べごろだ。
凋落してからでは遅い!アンテナ立ったら即ペーバー。
諸氏には、今のうちに目当ての果実を食しておくことをオススメする。かしこ。



P.S.ちなみに悪いところ編で「なんで21番は『かわいすぎる』のに悪いのだ?」というのは、
『かわいすぎるから悪い』のだ。かわいい、圧倒的にかわいい。今もってかわいい。
なんでオレは21番をPBしなかったんだ・・・。言わすな、バカ。
プロフィール

birdbkk

Author:birdbkk
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。