スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バカラ台に座るよりバカラに行く方が楽しい自分と、表街道を歩んでキラッキラしたあいつらがまばゆいと思う自分より、蝉の幼虫になって泥水すすってる方がまだまだ自分らしいと思ってしまった話

本日久し振りに、昔の仲間達が集うパーティに行ってきた。



14年来の付き合いだけどここ2年はマカオ現地でしか会っていないばくち仲間のケン(※もちろん打つ台は別々だぜ)って奴が、
何を血迷ったのか「昔よく通っていた目黒のバーで夏祭りをやるらしいから、たまには顔を出さないか?」
なんて誘ってくれたから、悩みつつも久し振りに奴らの顔も見たいってのもあって、行くことにしたのである。

たかだか旧友に会うのに悩むってのもおかしな話なのだけど、それはきっと、自分っていう人間の状況がここ数年で大幅にかわっちまったのだから仕方がない。

2~3年ぶりに会ったあいつらは、14年前と変わらない表街道を歩むキラッキラしたツラをしていて、
思い返すもイラっとするあの時、流れるままに大勝負して負からっちまった自分には、まばゆいばかりだった。



賭けたのは自分の責任である。
負けたらどんなに悔やんでも、それは帰ってこない。
それがばくちというものだ。

だけど、そこで潰れるのか、それとも諦めないのか。
諦めたらそこで終了ですよ。


コンサル本はそう言うね、言う。
けどさ、「諦めない」なんてのは誰でも言える。
言えることは立派、しかし、ばくちの中ではそれだけじゃ足りない。

勝負ってのは悪い流れの時、あがけばあかくほど泥沼の中に落ちていくものだ。
諦めなくても、「そのまま」だったらもっと刺さって、今度はホントに終了になっちまう。
これは勝負事だけじゃない、人生でも一緒だろう。
うまく行く時ってのは普通にやってればうまく行く。
問題なのは何をやってもうまく行かない時。
その時の所作が、いかに冷静な判断ができるか、そこで人間としての本当の実力が試される。

所詮オレにはこれしかないのだから、
この右腕一本でどうにかするしかないんだから、
だから、悪い時にどうするか、それだけを考えていた。
まだ終わってない。
終わってないなら、最後のきれっぱし、小指一つ分だけまだテーブルにしがみついていたかった。
地にもぐって、素人さんと千二千のやりとりをしながら、いつか大空を目指す蝉の幼虫になろうと。


しかし、蝉の幼虫になるのはキツイ。
止めちまって楽になっちまってもいいんだぜ?
バカラ台に座るより、バカラに行く方が楽しい自分がいた。
それ自体は間違いないだろう。
表街道を歩んでキラッキラしたあいつらがまばゆい、普通はそっちが常道だ。
それ自体は間違いないだろう。
しかしオレは、やっぱりその場所に甘んじるのはまだ早いんだと、そんなことはオレにはできないんだと、
今はまだ、そっちもイイネ、そう思おうとしているだけの段階だと、気付いてしまった。
負けっぱなしで止める性格じゃない。
そこはまだ、オレの座る終着点じゃないんだ。



最近ようやっと実を結んできたかな。
じっくりいろいろ取り戻して、まずは奴らの隣に肩を並べられるようになろう。
その後、向こうに行くだけの資金を作らなきゃならない。
虎たちもいつまでも待っててくれないからなぁ。


今日のパーティで、目標、それを再確認できたよ。ありがとう。
また運悪く負からっちまったら、そん時ゃ今度は結婚で目指そうかと思います。かしこ。



P.S.
前回の続きはちゃんと書きます。
むしろ、次に書く回の方が、もっとやばくて参考になりそうですよ。
かしこ。
スポンサーサイト

明日からバンコク

私は8~3年前まで、丸の内らへんのOLさんにはちょっとは名の知れた合コンマスターだった。
最盛期の開催回数は、年に100をちょっと越えたくらい数えていたはずである。


いくら私がゴミ人間でも、100も合コンすれば50人はサシ飲みに持っていける。

50もサシ飲みすれば、そのうち10人はフリースパンに持ち込める。

10もフリースパンすれば、そのうち2人はゼニを・・・おっと、こっから先は危険な話だぜ。



女千人






ま、まぁ、ここまではヒドクないけれど(さすがに私は893ではないし、殴らない)

ばくち打ちにとって、女ってなぁ所詮ゼニの保険でしかないのだ。

ゼニの保険



そうなるためには、まずは女を自分にハマらせなきゃならない。
よって、初弾が肝心なのである。


嬢接待するのに、私のVSOP(ベリースペシャルワンパターン)は

一軒目を恵比寿のここに行き、

二軒目はタクシーで目黒につけて、行きつけのBarで転がしの算段を立てたもんだ。


行きつけのBarはイコゴチが良くて、
カウンターの向こうにいるアンチャンはイケメン揃いだし、
なにより、さすがバーテンダー、雰囲気を察する能力に長けている。

そうなると、バーテンダーとも阿吽の呼吸というか、仲が良くなるのは必然だった。



なぜ、こんな話をしたかというと、その時に一番仲が良かったバーテンダーが二年間の欧州修行を終え、帰りがてらアジアを回り、今タイにいるのである。



今回は、前にも述べたが富士さんと同行であるし、

2年ぶりに旧知のイケメン元バーテンダーとも会うので非常に楽しみだ!!

さぁ、奴らに、どんな場所を紹介してやろうかな






それに先立って、イケメン元バーテンダーから不穏な体験談を言われたので君たちにも紹介したい。



ガンガー
「先日夜道で原付乗ったタイ人の若者達に襲われかけたんです。
で咄嗟に横のフェンス飛び越えて高速道路に降りたのですが、
着地の際に思いっ切り足を挫いて、今マトモに歩けないんです。
近くのコンビニ行くのがやっとで、あと数日は宿で回復待ちです。」


バド
「え?カオサンで?」


ガンガー
「違います。僕まだルンピニです。
ナナからルンピニに向かう廃線路沿い(高速道路沿い)の道でした。
22時半頃だったかと思います。」


バド
この辺(http://4travel.jp/overseas/area/asia/thailand/bangkok/travelogue/10709071/)か?」


ガンガー
「まさにこの辺りです。
初めてのゴーゴーバー潜入後、街を見て歩きながら帰ろうとしたら。。
それなりにタクシーやバイクが通っていたとはいえ、無警戒過ぎました。
捻挫で済んでまだ良かったかなとは思いますが、うーん、残念です。」





バンコク怖っ!!



いくら都市化が進んでいるとはいえ、まだまだ路地裏は危ない!!

みんな、気をつけよう! かしこ





P.S.
今回の前文は、あくまで、だいたいはネタです。
私は怖い人でも、893でも、詐欺師でも、夜道で襲ったりもしません。
そこら辺に居る、どっちかっていったらひ弱なあんちゃんです。ただのばくち打ちです。

女からゼニを引っ張った事だって、二回しかないしね。 かしこ

勝負の終わり

これは、2010年の記事である。


------------------------------
私の好きなアメリカの長老カントリー歌手、ケニー・ロジャースに「ザ・ギャンブラー」という歌がある。
 汽車の中で出会ったギャンブラーが、ボトルに残ったウイスキーと引き換えに、ギャンブルの心得を伝授する
「テーブルについているときに、絶対にお金を数えてはいけない。勝負が終わったら、いくらでもお金を数える時間はあるのだから」
 原語詞は著作権の問題もあるだろうから、ベタな日本語訳にしてみた。

 まだ勝負が続いている間に「よしよし、3万円プラスだぞ」などと、収支を計算してはいけない。「この金で何を買おうか、ガールズバーにでも行こうか」などと余計なことを考えてしまったら、たとえ勝っていても負けの道が待っている。ギャンブルの真髄を突いた金言だ。

(数えてしまったら、今日はその場で洗わなければならない。
むしろ、サウナで一発かましてすっきりするのが一番良く、次につながる)

 競馬の場合、「勝負の終わり」はどの時点になるのだろう。
 1日単位なのか、1年単位なのか。1日の勝負が終わったら、お金を数えてもいいのか。それとも1年が終わった時点で、収支を計算すればいいのか。
 おそらく競馬をやめるまで、一生、数えてはいけないのだと思う。競馬が続く限り、テーブルについた状態は続き、勝負は終わらない。途中でお金を数えても、それは途中経過でしかない。

 自分はなぜ競馬をやるのか、なんのために馬券を買うのか。2010年はそればかり考えていた。
 楽して小遣いを稼ぎたいという不純な動機で競馬を始めた人間が、その動機付けを失った場合、それでもまだ競馬を続ける意味があるのか。馬券目的でなくても楽しいと、今の競馬に対して本当に思えるのか。
 まあ、読者にとってはどうでもいい話だ。今の競馬はつまらないと文句を言いながら、それでもまだテーブルから離れられない人間は、たぶん一生、この魔物から逃げられないのだろうし、キャリア40年や50年の人もそんな上がり下がりを繰り返しながら競馬を続けてきたのだと思う。

 当連載は今回が最終回になります。超スローの中、外国人騎手だけが動き、外国人騎手が上位を独占した有馬記念。社台グループの生産馬が1着から7着まで独占した有馬記念。最後に素敵なグランプリを見せていただき、いい区切りになりました。
「ザ・ギャンブラー」にはこんな歌詞も出てくる(抜粋)。
「生き残るためには、いつ立ち去るべきか、続けるべきかを知らなくてはいけない。テーブルについているときに絶対にお金を数えてはいけない。勝負が終わったら、いくらでもお金を数える時間はあるのだから」


以上、僕が世界で一番尊敬する田端到さんの最終コラムからの抜粋だ。
http://keiba.nifty.com/cs/column-detail/pdetail/tabata20101229/1.htm
抜粋っていうか、そのまんま全文だ。
私も2010年はまったく同じことを考え、まったく同じように有馬記念で現在競馬に失望を抱いた。
I love bakuchi
博打を愛し競馬を愛し、スペシャルウィークというHNを名乗った若りし日々が懐かしい。
きっと競馬をやめたら、オレもギャンブルという魔物から逃れられて、お前らと同じまっとうな人生を歩めるんだろうなぁ。
------------------------------



以上はあくまで、2010年末に書いた記事である。
このブログが今回で最終回、というわけではない。(『早く続きかけよ』という突っ込みは、大人の事情により却下する)

今日、ふとしたタイミングで博打について書きたくなって、でもよくよく考えたら同じ様なことを数年に一回お前に晒しているわけで、内容なんてほぼ似たようなものだから、田端さんコラムの回を再掲してみた。
この後、私は、とんでもない博打の絶望を味わい未だそのど真ん中にいるわけだけど、それでもまだテーブルから離れられないでいる。

「あの時、あの時、あの時、席を離れていりゃぁ」と今でも思うが、逆に、そうしてしまったら「自分と言う人間の魅力が色あせるんじゃねーの?」という思い込みが、未だオレをテーブルの端にしがみつかせているんだな。

ただ、ひとつ言える事は、テーブルにしがみついている限り、まだ勝負の途中っていうことだ。
オレもきっと、一生、この魔物から逃げられないのだろうな。かしこ。

iPhone5が壊れた→即復活しましたの件

昨夜3時前にPCをシャットダウンし、部屋の灯りを消してベッドイン。
寝ながらたまったツイッターやブログを読むかぁと思ったところ、iPhone5がうんともすんとも言わない

はて?電源をオフった記憶はないが?
というか、さっきまでPCのLINEに反応してピコピコ言ってた筈だが?

電源を長押ししてもまったく反応しない。
機体はほんのり暖かい。

うわ、なんかトラブッてる。
しかし時計の針は90°を傾けだしたところだ。
今から解析し出したら、確実に明日会社に行けなくなるだろう。
ということで多少不安だったが解析は明日に回し、黒い文鎮を枕元に投げっぱなしにして寝た。


4時半。
何か不穏な空気を感じたのか、目が覚めた。


ん?


うおおおお、なんじゃこりゃ!さっき放置してたiPhone5が超熱い


瞬間思ったのは、
こいつ、きっと内部でショートして電流垂れ流しになってるのか!?

iphoneの安全回路システムがどうなっているか知らないが、
仮にヒューズだったとして、低抵抗ショートのままヒューズの定格電流を越えないでショートしっぱなしとか?
そうすると、ショート部の素子を焼ききるまでこのままだ。

もっとヤバイのは仮にリチウムイオン電池の不良が原因だった場合、
超 絶 ヤ バ イ 最悪火を噴くぞ。


ヤバイ!せめて、電池を外して・・・外せねぇ!!

これだから電池内蔵タイプの携帯機器は嫌いなんだ。
頼むよapple。電池の安全回路ちゃんと働くよね?半島製のセルとか使ってないよね?


とりあえず、機体の発熱をなんとかしないと本気でまずそうなので、
弾けた際に危険が無いようステンレスのお菓子缶にいれ、
炊事場のステンレス台の上に置いて放熱経路を確保し、寝た。
だって眠いんだもん。



翌朝、機体を触るとまだほんのり暖かかったが、時間が無いのでそのまま放置して会社に行った。


うーん、壊れたのかな?原因はなんだろう?
昨夜、入浴時に1時間ほど持ち込んでいたから、結露による内部ショートかな?
ジップロックで坊滴してても結露は防げないよなぁ。

などとタクシーの中で()考えながら、対応を検索しようとしたら、、、


うわああああ、通信できるモバイル機器を持っていない!
ドコモのガラケーは持っているけど、パケホ解除しているので高いからやりたくない。
うーん、今やここまでモバ端末に依存していたのか。
ちょっと生活感考えないとなぁ。(お前らもな)



会社で「iPhone 電源入らず」で検索したところ、同じような事例が多々出てきた。

あれ?これ、もしかして、内部回路の故障じゃない?
とりあえず家に帰って、http://newstrend.jp/it/516/ これを試してみようと思った。
それでダメだったら横浜のキタムラに直行だな。



水曜日はノー残デー。定時ダッシュ。
iPhoneを触ると冷たくなっている。

電源ボタンを押してみると、、、なんと反応した!
ちょこっと赤いバーの、充電がカスカスですよ、のマークだ。
Litningコネクタをぶっさした。
おそらく過放電まで行っているので、低電圧充電動作をするためすぐには復帰しないだろう。
ちょうど昼飯で食ったパスタに、一味とうがらしかけ過ぎたせいで腹が下っていたので、トイレに篭った。




数十分の戦いを終えてトイレから生還すると、ヤッタ、iPhoneが復活している!!

良かった良かった。
昨夜のはおそらく、なんらかのトラブルでシステムがハングし、エンジンは起きっぱなしで電源消費し続けたため発熱したんだろう。
とにかく復帰したようなので安堵したが、ちょっとイヤだなと思ったのは、
システムが動いていないまま最後まで放電したため電池が過放電まで行き、確実に電池セルにダメージくらってるだろうなぁということ。


ちょうど今月中に処理しないといけないMNP弾が一つ残っているので、
くそったれauだけどパケホ継続しなきゃいけないメインSIM回線を使用するために
au iPhone5をもう一台買うかぁ。
(※とはいえ、回線3円維持に端末0円+キャッシュバックはおいしいの。)


というわけで、週末にもう一台iPhone5を買うことにしました。かしこ。


P.S.
MNP弾って何?という人は各自google先生に聞いてください。



■本日のヒットザターゲット
桜木えみ香 http://www.dmm.co.jp/mono/dvd/-/detail/=/cid=118jbs002/
こういう口元の女(真鍋かおりとか水樹奈々とかR1のsuとか)って好みです。
桜木えみ香


明日から東莞

いつも当ブログをご覧頂きまして、ありがとうございます。




「また、いつも通り初めだけかよ。」とか、

「お前はなんでも盛り上げるだけ盛り上げといて、さあこれから、ってところで投げっ放すよな。」とか、

「毎日見てるこっちの気にもなれよ。」とか、

「そういえば、東莞どころかタイ編はどうなったんだよ?」とか、





とても愛のあるお言葉を頂いております当ブログですが・・・





















うるせぇなぁ!!



わかったよ、明日からまた海外行って移動時間が多いから、そこで書き溜めておくわ!

しかも、明日はまた東莞だ、天鹅湖酒店だ!

そこでまたオレの猛り狂ったリビドーのままに、文章にもブチ込んだるからよぅ。

東莞編を一気に書き上げたるから、もうちょっとだけ待ってろや!



P.S.
ただし今回は二泊目マカオだ。
めくり勝負にぶっこんで爆死したら、失意のままに失踪するかもしれんから、そこんとこよろしくな。かしこ。

あ、飛行機の中では『ワンピースZ』観なくちゃいけなかったんだ。そこんとこよろしくな。かしこ。

プロフィール

birdbkk

Author:birdbkk
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。