スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バカラ台に座るよりバカラに行く方が楽しい自分と、表街道を歩んでキラッキラしたあいつらがまばゆいと思う自分より、蝉の幼虫になって泥水すすってる方がまだまだ自分らしいと思ってしまった話

本日久し振りに、昔の仲間達が集うパーティに行ってきた。



14年来の付き合いだけどここ2年はマカオ現地でしか会っていないばくち仲間のケン(※もちろん打つ台は別々だぜ)って奴が、
何を血迷ったのか「昔よく通っていた目黒のバーで夏祭りをやるらしいから、たまには顔を出さないか?」
なんて誘ってくれたから、悩みつつも久し振りに奴らの顔も見たいってのもあって、行くことにしたのである。

たかだか旧友に会うのに悩むってのもおかしな話なのだけど、それはきっと、自分っていう人間の状況がここ数年で大幅にかわっちまったのだから仕方がない。

2~3年ぶりに会ったあいつらは、14年前と変わらない表街道を歩むキラッキラしたツラをしていて、
思い返すもイラっとするあの時、流れるままに大勝負して負からっちまった自分には、まばゆいばかりだった。



賭けたのは自分の責任である。
負けたらどんなに悔やんでも、それは帰ってこない。
それがばくちというものだ。

だけど、そこで潰れるのか、それとも諦めないのか。
諦めたらそこで終了ですよ。


コンサル本はそう言うね、言う。
けどさ、「諦めない」なんてのは誰でも言える。
言えることは立派、しかし、ばくちの中ではそれだけじゃ足りない。

勝負ってのは悪い流れの時、あがけばあかくほど泥沼の中に落ちていくものだ。
諦めなくても、「そのまま」だったらもっと刺さって、今度はホントに終了になっちまう。
これは勝負事だけじゃない、人生でも一緒だろう。
うまく行く時ってのは普通にやってればうまく行く。
問題なのは何をやってもうまく行かない時。
その時の所作が、いかに冷静な判断ができるか、そこで人間としての本当の実力が試される。

所詮オレにはこれしかないのだから、
この右腕一本でどうにかするしかないんだから、
だから、悪い時にどうするか、それだけを考えていた。
まだ終わってない。
終わってないなら、最後のきれっぱし、小指一つ分だけまだテーブルにしがみついていたかった。
地にもぐって、素人さんと千二千のやりとりをしながら、いつか大空を目指す蝉の幼虫になろうと。


しかし、蝉の幼虫になるのはキツイ。
止めちまって楽になっちまってもいいんだぜ?
バカラ台に座るより、バカラに行く方が楽しい自分がいた。
それ自体は間違いないだろう。
表街道を歩んでキラッキラしたあいつらがまばゆい、普通はそっちが常道だ。
それ自体は間違いないだろう。
しかしオレは、やっぱりその場所に甘んじるのはまだ早いんだと、そんなことはオレにはできないんだと、
今はまだ、そっちもイイネ、そう思おうとしているだけの段階だと、気付いてしまった。
負けっぱなしで止める性格じゃない。
そこはまだ、オレの座る終着点じゃないんだ。



最近ようやっと実を結んできたかな。
じっくりいろいろ取り戻して、まずは奴らの隣に肩を並べられるようになろう。
その後、向こうに行くだけの資金を作らなきゃならない。
虎たちもいつまでも待っててくれないからなぁ。


今日のパーティで、目標、それを再確認できたよ。ありがとう。
また運悪く負からっちまったら、そん時ゃ今度は結婚で目指そうかと思います。かしこ。



P.S.
前回の続きはちゃんと書きます。
むしろ、次に書く回の方が、もっとやばくて参考になりそうですよ。
かしこ。
スポンサーサイト

第挿回 ゴゴ嬢にウェブ攻撃をされた話 その2

前回のあらすじ。

フェーン現象(※フェーン=恋仲)にあったゴゴ嬢にひょんなことからツイバレし、

ブログバレから逆上くらい、遂には嬢に完全に切られたバド氏であった。

LINE不通、電話も3日連続の通話即切り。


これはダメだ。


バド氏は嬢と過去にあった色々なことを思い出して、

鬼の目にも涙、いやさ、鳥の目にも涙を浮かべ・・・るわけもなく、

『切り時が難しいと思っていたけど、ここで切れてくれるならラッキー』
とポジティブに捉え、

直近に行く予定の東莞戦に思いを馳せるのであった。



-----------------------------



前回の続きを書く前に、ちょっと別のエピソードを挟もうと思う。



◆まだ当該嬢に何もバレていない4月中ごろ◆

懇意にして頂いている、『眠れない夜の向こうに・・・』のKさんから一通のメッセージを受け取った。


Kさん
「先日、R2で久し振りにPBしたんですが、○番てわかります?」



`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!


バド
「Kさん、凄い引きですね。それ、今私がままごとしている例のアレですよ。」



バド
「そいつ、・・・・・・・・・・・(別ネタ)なんで、そろそろ私も潮時と思っているところです。」



Kさん
「それは怖いですね。」





◆次いでGWの訪タイ時(この時もまだバレてない)◆

ガールズバニラでKさんと再会し、Kさんのご友人でバニラの常連Tdさんともお引き合わせ頂き、頃合過ぎた後、お二人とバニラ店長が食事に行くというのでご相伴させて頂いた。


食事後

Kさん「バドさん、この後どうされるんですか?」

バド「私はR2に行きます。例のアレが鬼の形相で待っているので。」

Kさん「じゃあ、ボクもご一緒させて頂いていいですか?バドさんの友人とわかれば、次から他の子に行けると思うので。」

バド「全然OKですよ!」
(私も、Kさんと一緒に行けば、グッドな理由があるのです)


一路R2へ

R2へ到着すると、案の定、嬢が待ち伏せている。

「遅い!」

とでも言おうとしたのだろうか。

しかし、その瞬間Kさんを認識すると、ギョッという顔をして、ぽかーんと間抜け面だ。(グッジョブ)

Kさんと言えば、タイブログの巨匠、私などより何年も前からR2の常連であらせられ、ママにも面識が深い。
ママも、私とKさんが一緒に居るのを見て、オーマイガッのポーズ


ママ「あなたたち、友達だったの・・・。」


とりあえず、PB代の600バーツだけ支払う。


嬢「キンカーオ・・・」(ご飯食べたい)

バド「ああ、今日はKさんと一緒に居るからダメだ。1時まで飲んでるから、お前らだけで行って来い。」


嬢はKさんをチラっと見て、そそくさと友人達を連れて出て行った。





計画通り


よっしゃ、メシ代が浮いた!

なんせこいつらは最近、オレをカモ化しようとするきらいが見えてきていたからな。
この前日はスパンヤオマサと私二人でエカマイの飯屋に連れて行かれ、一人1000バーツづつの支払い、
その前々日はスパンヤオマサが一人で嬢たちに捕まり、2000バーツの支払い。

これではいくらチップ代は払っていなくとも、アシが出てしまう。

しかし、今日はKさんと一緒なのだ。

今日の私は、ザクとは違うのだよ、ザクとは!!


Kさん「いやー、ありがとうございます。これで次から違う子に行けるでしょう。」

いえいえ、こちらこそ、ありがとうございます!
少なくとも1000バーツは浮きました!


バド「じゃ、R1でも行きますか!」

(この日は1軍がまったく居なくて、見るものが無かったのだ)

そして、巨匠Kさんとゴゴ巡りを同行させて頂くという楽しい時間を過ごす事ができたのだった。
Kさん、ありがとうございました。




◆時は飛んで前回続き◆

LINE不通、電話も3日連続の通話即切り後、まったく音信をとらなかった。

というか、私自体、もうすっかり忘れていた。

そんな時、Kさんからメッセージが届いた。


Kさん
「お疲れ様です。昨日、一昨日とR2に行きましたが、例の子とは目線すら絡みませんでした。で、堂々と別の子をPB。」



バド
「それは良かったですね!私も奴といざこざがあって、向こうが勝手に切れてくれて全然連絡していないので、やっと解放されたようです。次回、勝負かけて(他の子をPBして)みたいです。」



よおおおおおおし、これは大丈夫そうだぞ!

さぁ、何番をPBしようかな?

39番?36番?それとも47番?

いやいや、ここはやっぱ21番でしょー!

念願叶いそうで、ウッキウキだね♪



しかし、ゴーゴーの神は、そうは問屋を卸さないのだった。




◆時は飛んで2013/7/6◆

翌週にタイ祭りを控え
前夜祭として、富士さんと、スパンヤオヒロと、未登場のスパンヤオヤギ、
というクマさん(※博打の玄人衆)達と『真剣』で卓を囲んでいた時、


ピローン


私のLINEが鳴った。



ピローン、ピローン



うるせぇな。

こちとら今、一瞬でも気を抜いたら殺られる状況なんだよ。後にしろ、後に。



ピローン、ピローン、ピローン、ピローン、ピローン



だあああああああああ、なんなんだよ!!!

耐え切れず、私はLINEを見る。



`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!



LINE_1016.jpg


「Hi ハド!」

「元気?」

「あなたは恋人が居るの?」

「しゅん」



LINE_1017.jpg


「なんで電話してくれないの??」

「私が恋しくないの??」

「もう愛してないの??」

「なんで?なんで?なんで~~~~~???」





うっっっっっ、ぜぇぇぇえぇえぇぇぇえぇえぇえええ!!!



なんでも何も、てめーが切ったんだろ~~~~っが!!



いけしゃあしゃあと、

しかも、こいつ、、、、

オレが訪タイするジャスト1週間前に図ったようにきやがった!!

問答に相手するかどうするか。

このままシカトが得策か?それとも、もう終わりって言う?

しかし、今はそんなことをやっている場合ではない。

麻雀に集中しないと転がっちまう

今はシカトだ!とりあえず、シカト!

良いツモ来い!



ピローン、ピローン


・・・・。


ピローン、ピローン


・・・・。


ピローン、ピローン


・・・・・うううううるせぇ!!!

なんなんだよ!



LINE_1018.jpg



ピ、ピ、ピ、ピ、



LINE_1019.jpg



ぐわ!

こいつ、スタンプ連打モードに入りやがった!!



ピ、ピ、ピ、ピ、



電源を、電源を、、、、



ピ、ピ、ピ、ピ、ピ、ピ、ピ、ピ、ピ、ピ、ピ、ピ、




ヒロ「 ロン いちまんにせん」



ぐはっ!!!



ヒロ「バドさん、あンた・・・背中が煤けてるぜ?」

背中が煤けてるぜ



うるせぇよ、バカ!!




◆その日の夜◆

麻雀に負けて、不貞寝している時



ピローン、ピローン



またかよ!



ピローン、ピローン



LINE_1020.jpg



あああああああああああああ、もう!!!!



うざい!うざすぎる!

しかも、スタンプの女の子の絵がかわいいから性質が悪い!!


もういい!

ブローーーック!ブロック!!!





しかし。

この出来事が、何を意味するだろうか?



・・・・・。



【速報】 俺 氏 R 2 出 禁 【速報】


つづく



P.S.

注:俺氏R2出禁
ここで言う出禁とは、店に出禁くらったわけではなくて
「切りたい嬢がいるから自分的に出禁」という意味です。

かしこ

第挿回 ゴゴ嬢にウェブ攻撃をされた話 その1

いろいろすっ飛ばして、今まさに旬なネタを寄稿したいと思う。

背景は詳しく書かない。なぜなら、それは次のネタだから。

 ※注:まぁ、最近は私がブログを書くこと自体、ネタ化しているわけだけど。



2013/4~5月

私には頻繁に連絡を取り合うゴゴ嬢がいた。

毎日のLINE、毎夜寝る前に電話。

スパンヤオヒロ曰く

ヒロ「バドさん、日本の女の子に接する以上に優しいですね。どうしたんですか?」


近年、私の鬼畜所業をつぶさに見てきているヒロである。
そう思われても仕方がない。



その頃の私は、

「あの子とのずっぽしは不満だけれど、好みのタイプではあるし、
子供をあやしているみたいでかわいいから、それもまた良いか。」


と思っていた。

女性として付き合うのではなく、おそらく私が一生こさえることはない(認知することはない)であろう、
子供をあやす感覚だった。完全に舐めきっていた。




5月
ブログを開設し、GWで初訪した楽園も体験し、乗りに乗っていた時期。
当該嬢とのあるLINEから、その事件は発生したのである。



LINE_1001.jpg


その日のLINEは、いつもどおりに始まった。

「今、仕事中だよ~。今日は良い天気。」

「Good!」

取り立てておかしいところはない。


しかし、その日の夕方、送られてきたLINEに私は目を疑った。



LINE_1002.jpg



は!?


送られてきた文章は、私がこの回で寄稿した文章そのままである!!


なんでお前がそれをコピペして持ってこれる!?


どうやってバレた!?


はじめはナナに蔓延るスネイクの存在を疑った。


しかし・・・


次の瞬間、私は自らのアホさ加減にクラクラした。


LINE_1003.jpg



「ツイッターよ!」



`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!



誰が教えた!?

誰がお前に教えたんだ!?

しかし、私はもうこのとき、「なぜか?」わかっていたのである・・・


なぜなら私は・・・








LINEのIDとツイッターのIDが一緒だったからだ!!



LINE_1004.jpg




いや、私はiphoneを2台とandroid1台の3垢使いこなし、当初この垢は捨て垢のつもりだった。

で、もしツイッターで知り合った人と連絡を取り合う際に、簡単に教えられるようIDを同じにしたのだ。

そして、しばらく経つうちに、そのことをすっかり忘れていた。

咥えて言うなら、嬢がIDを追ってくるなんて考えもしなかった。


 ※注:だって、わざわざ客の一人にそこまでする暇な奴はいないと思ったし、
  何より嬢の間ではツイッターは流行っていないから


古い友人「バドってさ、頭良いぶってるけど、実際は抜けてるとこあるよね。」




ああ、そうさ!そうだったよ!オラァ、抜け作ですよ!!


抜け作



うわー、しかし、困った、どうするか?

まず考えなくていけないのは、ツイッター関連で懇意にして頂いている方々に飛び火させないことだ。

しかたがない、慣れ親しんだツイ垢は一旦消去しよう。

新垢取得、新垢はプライベート設定にして外から見られないようにする。

旧垢を再度取得し、ダミーとして外遊関連垢じゃなくする。

さらに、せっかく多数の方に読んで頂いていたブログだけど、こちらも消去。いや、ダミーとして問題ない部分だけ残しておこう。

そして、ブログの方は移転させる。

これが、当ブログ移転騒動の理由である。




それを速攻で対応している時、嬢とのLINEは違った局面に差し掛かった。



LINE_1014.jpg




「あなたはタイにたくさんのガールフレンドがいるの?」

はい!?
(それはもちろんいるけど、)なんでそうなる・・・?


「あなたはR2のレディーが嫌いなの?」

へ!?
どうしてそうなる・・・?


 ※注:「あなたはR2のレディーが嫌い」これはおそらく、
  ブログのR2評を翻訳機にかけた際、悪い意味に翻訳されたのである。
  もう一度この回を読んで貰いたい。
  最後にきっちり褒めているのだけど、その辺はちゃんと伝わっていないんだろうね。
  日本語表現って難しいね。


LINE_1006.jpg


「なぜあなたはツイッターにR2レディーのことを書くの!?」

「私は、そんなことは好まない!!」



・・・まるで、他の事案でそういうことがあったかのような口ぶりだな。


ま、まぁしかし、彼女の言うことももっともだ。

だから今度は、ばれない様にするよ。



さて、彼女とのやり取りはまた違った局面に差し掛かる。


LINE_1015.jpg


「あなたは私のことを愛していないの?」

「そんなことないさ、大丈夫、ちゃんと愛しているよ。」

「本当に?」


あー、こいつ、さては・・・

オレのR2評に自分が入っていないことが不満なんだな!?


それを裏付けるように、次の発言。


LINE_1008.jpg


「私は、あなたは36番のことが好きだと思うの。」


そうきたか(笑


「いや、違うって。」

「本当に?」

「本当に。」

「信じられない!!」


 ※注:ちなみに彼女が日本語で返していますが、これは私が教えた定型文なだけで、実際はさっぱりわかってません。


後はもうこんな感じ。取り付くしまもない。


LINE_1009.jpg




この日このやりとりを終えて、私は「ああ、こいつとはもうこれで終わりだな。」と思った。

そして、その通り、次のような展開に進む。


LINE_1010.jpg

LINE_1011.jpg


「私はお金がないの。だから携帯電話を売るわ。」

「もうLINEはできない。でも、電話は毎日できるから。」



ッとかよ! んなわきゃねーだろ(笑

体良く切って来たなぁ~。

まぁ、一応、電話してみる。

しかし、出た瞬間にガチャ!と切られる

それが三回続いた。


よし、OK。

君との仲はこれで終わりだね。



色々あったね。

こんなこともあったね。

LINE_1013.jpg

LINE_1012.jpg


今は良い思い出だ。

さようなら、○○。




今のオレは、東莞に行くことで頭がいっぱいだから。

かしこ。




ところがどっこい、この話はまだ続くんです。

次回、7月の祭りを迎えて、更なる事件が勃発する。




P.S.

文中では抜け作ネタの方がおもしろいと思ってそうしたけど、おかしいことが一つあるのです。

途中のLINEで彼女が言っているオレのID・・・それ、間違っているんだけど!!

かしこ


明日からバンコク

私は8~3年前まで、丸の内らへんのOLさんにはちょっとは名の知れた合コンマスターだった。
最盛期の開催回数は、年に100をちょっと越えたくらい数えていたはずである。


いくら私がゴミ人間でも、100も合コンすれば50人はサシ飲みに持っていける。

50もサシ飲みすれば、そのうち10人はフリースパンに持ち込める。

10もフリースパンすれば、そのうち2人はゼニを・・・おっと、こっから先は危険な話だぜ。



女千人






ま、まぁ、ここまではヒドクないけれど(さすがに私は893ではないし、殴らない)

ばくち打ちにとって、女ってなぁ所詮ゼニの保険でしかないのだ。

ゼニの保険



そうなるためには、まずは女を自分にハマらせなきゃならない。
よって、初弾が肝心なのである。


嬢接待するのに、私のVSOP(ベリースペシャルワンパターン)は

一軒目を恵比寿のここに行き、

二軒目はタクシーで目黒につけて、行きつけのBarで転がしの算段を立てたもんだ。


行きつけのBarはイコゴチが良くて、
カウンターの向こうにいるアンチャンはイケメン揃いだし、
なにより、さすがバーテンダー、雰囲気を察する能力に長けている。

そうなると、バーテンダーとも阿吽の呼吸というか、仲が良くなるのは必然だった。



なぜ、こんな話をしたかというと、その時に一番仲が良かったバーテンダーが二年間の欧州修行を終え、帰りがてらアジアを回り、今タイにいるのである。



今回は、前にも述べたが富士さんと同行であるし、

2年ぶりに旧知のイケメン元バーテンダーとも会うので非常に楽しみだ!!

さぁ、奴らに、どんな場所を紹介してやろうかな






それに先立って、イケメン元バーテンダーから不穏な体験談を言われたので君たちにも紹介したい。



ガンガー
「先日夜道で原付乗ったタイ人の若者達に襲われかけたんです。
で咄嗟に横のフェンス飛び越えて高速道路に降りたのですが、
着地の際に思いっ切り足を挫いて、今マトモに歩けないんです。
近くのコンビニ行くのがやっとで、あと数日は宿で回復待ちです。」


バド
「え?カオサンで?」


ガンガー
「違います。僕まだルンピニです。
ナナからルンピニに向かう廃線路沿い(高速道路沿い)の道でした。
22時半頃だったかと思います。」


バド
この辺(http://4travel.jp/overseas/area/asia/thailand/bangkok/travelogue/10709071/)か?」


ガンガー
「まさにこの辺りです。
初めてのゴーゴーバー潜入後、街を見て歩きながら帰ろうとしたら。。
それなりにタクシーやバイクが通っていたとはいえ、無警戒過ぎました。
捻挫で済んでまだ良かったかなとは思いますが、うーん、残念です。」





バンコク怖っ!!



いくら都市化が進んでいるとはいえ、まだまだ路地裏は危ない!!

みんな、気をつけよう! かしこ





P.S.
今回の前文は、あくまで、だいたいはネタです。
私は怖い人でも、893でも、詐欺師でも、夜道で襲ったりもしません。
そこら辺に居る、どっちかっていったらひ弱なあんちゃんです。ただのばくち打ちです。

女からゼニを引っ張った事だって、二回しかないしね。 かしこ

プロフィール

birdbkk

Author:birdbkk
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。