スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1001回 2013/4 東莞初訪編/序章

このブログは私が『私の友人どもをタイへ誘致するためのブログ』という目的で始めたものである。
ところが、ゆえあってタイ編の続きが書けなくなってしまった。
「早く前回の続きを書かんかいや、オラァ!」という君達の気持ちはわかる。
しかし、今は私がブログを書くこと自体の存亡の危機なのだ。
だからもう少しだけ待ってて貰いたい。それまでは、極上の体験記を記すから。
---------------------------



その前に、私のスパンヤオを紹介しよう。

スパンヤオ『ヒロ』
先回で登場した富士さんと出会った雀荘で、同じように知り合った友人だ。
初めは「なんかイケ好かねぇ、こいつ。ちょっと(麻雀で)ぶっ殺してやるか。」
と、お互いが思っていたにも関わらず、今では週2,3で酒を飲むようになり、年に6回は同行してタイに行くスパンヤオだ。
北海道出身で学生~社会人3年ほどススキノで遊び捲まくり、その後は異動した仙台で3年ほど遊び捲くり、そこから異動した場所で私と出会い、私に誘われて同行したタイのせいで人生が狂った漢。
スパンスペックは、タンク強度弱め(一日一回)、その場の雰囲気重視、中国系顔・熟系好み。

スパンヤオ『マサ』
元々はヒロが仙台時代に雀荘で暴れていた時に、打ち合って仲良くなった。
彼の生き様は一言では現せない。元ジゴロ。ずっと仙台で潜んでいたが、2年ほど前に実家の横浜に戻ってきた。
ヒロのタイ話を聞き「俺、そこ絶対行くっす。」と言った後、パスポートも持っていない初海外遠征にもかかわらず、ベトナム経由便で単身タイに乗り込んだ向こう見ずな漢。
私はヒロの紹介で出会い、もちろん速攻で意気投合、今では週1で酒を飲むようになり、年に4回は同行してタイに行くスパンヤオだ。
スパンスペックは、タンク強度強め(私と同等レベル)、ロマンス重視、フィリピン系顔好み。

私は、とある友人達に『キングカス』という二つ名を付けられている。
しかし、こいつらはなかなかどうして、私と同等のカスっぷりである。

私達は日々『飲む・打つ・買う』を繰り返す、『桃園の誓い』を交わしたスパンヤオである。





さて今回から数回に分けて、君達には『私がGWに初体験した東莞の話』を読んで貰いたい。

東莞とは何か?

聖地である。性地である。
アジアのずっぽしトラベラーを語るなら、東莞に行った事が無い奴はモグリだ!

これを読んでいる君がもし女性なら、そっとブラウザを閉じて貰いたい。

こっから先はエロに直結する話、しかも、一般の日本人女性には正視しがたいエロ話である!




2012年のいつ頃か。
師匠と飲んでいるときに、師匠が「そのうち常平に行かなきゃな。」と仰られた。
その時はまだ、私はピンと来なかった。

そのうちスパン界では知らぬ人は居ない、私の尊敬する大スパン帝王で在らせられるスパン王子のブログに、「CP」という文字を発見する。
私はピンと来た。きっと師匠の仰られていたのはコレだ、と。常平、そのピンインを略してCPなのだと。

しばらくして、敬愛するfuniccoさんのブログに、『スパン王子と東莞に行った話』が掲載された。
すべてがつながった。東莞は県、常平は市の名前だ。そして、漢なら絶対に一度は行かなきゃならない場所だと!


しかしである。
いかんせん、本土突入は怖い。
私は香港・マカオを既に愛遊しているが、本土はレベルが違う
スパン王子のブログにも「トラブルが起こると危ない」と喚起されている。常識の通じない魔境なのである。

私は調べ捲くった。
辿り着いたブログ『東莞の現地情報』
読めば読むほど行きたい。しかし、読めば読むほど怖い。

どうするか。スパンヤオ達は「行くしかないっしょ!」と言う。しかし怖い。私はやきもきした。

と、その頃。
私のツイッターに、CPの実況中継をしている勇者のツイートが流れた。
その方の御名前は『たびなう』さん。
私はたびなうさんに色々ご教授頂き、東莞へ訪れる決心がついたのだ。


もしこれから私の体験記を読み東莞初訪を志す人がいるならば、
スパン王子のブログとfuniccoさんのブログと、たびなうさんの全ツイートと、『東莞の現地情報』を熟読し、出来うるならばプリントアウトして持っていってもらいたい。
まずは、「それくらいしないと危険な場所なのだ」という認識を必ず持ってもらいたい。
それくらいの準備をして、それでも足りないくらいの準備をして、初めて東莞を訪れよ。

ただし、その苦労が報われる、
いや、そんな苦労など吹き飛んでしまうほどの快楽を保障しよう!



「常に最悪の状況を想定して行動する」と人は言う。
けれども、「常に」最悪の想定ばかりしてそれを避けていては、その歩みは遅々として進まない。
そこで成長が止まっちまう。

もっとスゲーとこ見つけたら、もっとヤリたいこと見つけたら、

一歩抜けたいときは行くしかねーんだよ!やるしかねーんだよ!

特に博打とエロに関してはな!

ただし、必要十分な防備・心の防波堤は必要だぜ。かしこ。




今回はここまで。
次回は、『東莞初訪初心者が、初心者なりの準備をして東莞に突入した話』を掲載する。
たぶんこれをなぞれば、大多数はそこそこ安全に行けるんじゃないかな。かしこ。




P.S.
『スパン王子のブログとfuniccoさんのブログと、たびなうさんの全ツイート』と書いたけど、
その大半はずっぽし話に終始しているので、余計に行きたくなっちゃうだけだな。わらい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

birdbkk

Author:birdbkk
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。