スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第挿回 ゴゴ嬢にウェブ攻撃をされた話 その3

前回までのあらすじ

フェーン現象にあったゴゴ嬢からのLINE解約に電話拒否されたバド氏は、

やっと関係が切れたかと喜び、来る7月連休の祭りを前に浮かれていた。


ところが、ゴーゴーの呪縛はそう簡単に晴らすことが出来ないのか。

バド氏の訪タイ1週間前に、図ったように該当嬢からの連絡がある。

「バド、あなたはなぜ電話してくれない?私は悲しい。」

かんっぜんに話がすり替わっている。悲劇のヒロインはお前かよ。

あまりのLINEのウザさに、ブロックしたバド氏。


しかしこれが何を意味するか、それは、、、、

このままR2に突入すると、ハイパーめんどくさいことになる

つまり、R2自主出禁

訪タイを前にして、片翼をもがれたのだった



-----------------------------




2013/7/12

会社をゴゴ休して、成田EXPに飛び乗った。
ここで既にワンミステイク。NEXクーポンの購入は前日までしか出来ない
泣く泣く片道切符を購入、これで往復1500円くらいの損だ。諸兄も注意されたし。

成田について富士さんと合流、手荷物検査場は混雑していたが
ANAプラチナ会員の魔法を使って優先レーンで速攻通過し、富士さんをラウンジへ誘う。
私はUA便で、富士さんはTG便。それでもラウンジの1名招待は有効だった。

TGはUAより1時間早い。富士さんを見送って、私はビールとカレーに没頭する。
ここでツーミステイク。『思い立ったらタイランド』のtitoさんが同時間にラウンジにいることに気付いたが、既に後の祭り。titoさん搭乗のANA便が去ったあとだった。

私はtitoさんを何度か拝見したことがあるが、1度目は怖い大人達(ジョークですw)と歓談されていたのと、2度目以降はティーラック嬢***さんとご一緒だったので、空気を読んでお声かけしていなかった。今回はチャンスだったのになぁ。


23:20

バンコクに到着、速攻でイミグレを通過し、富士さんとの待ち合わせ場所であるdtacブースの前に急ぐ。

そこで私は目を疑った。富士さんが誰かと歓談している。

見たことがある奴だ。


というか、今回は訪タイする予定の無かったはずのスパンヤオヒロが居た!

なぜ?


バド「お前、今回は直前チケット高すぎて諦めたんじゃなかったのかよ。」

ヒロ「それが聞いてくださいよ。直前にいきなりゴッパチケットが現れたんすよ。」


3連休の直前チケット、1週前ではクンロクを下らなかったはずだ。それがゴッパ!?
私もTGチケット選手権には一家言持っている。
だいたい、旅程の1ヶ月前、2週間前あたりに下がるタイミングがある。
しかし、下がるといってもナナナナ程度だ。ゴッパは聞いたことがない。
そもそもそれは、通常時平日の最安チケットだぞ。それが3連休でだと!?

TGに電話して聞いてみたところ、今回は直前で機材が替わって、大幅に空席が出たからだそうだ。
むぅ、TGチケット選手権に、新たなパターンを発見したな。

我々3人は携帯のチャージを終え、4Fからタクシーを乗り、最近常宿となっているsoi15のキングストンスイートへ急ぐ。(今回は240B)


24:00

ホテル到着チェックイン、40秒でしたくして、ロビーで待ち合わせだ。
ホテル目の前でタクシーを拾い、まずはsoi5のアラブ人街両替所で両替をする。
深夜帯で一番換金レートが良いのがここだ。深夜ボッタの両替レートより100Bくらいは良いはずだ。
といってもVASUなどには劣るのであくまでエマージェンシー用だが、諸兄も覚えておいて損はない。

 ※ちなみにこの場所を知ったのは、titoさんの『思い立ったらタイランド』のおかげだ。


24:30

ナナプラザへ突入だ。何気に富士さんはナナプラ初突入。
しかし、当方の諸般の事情でナナプラの雄R2にはご案内できない・・・。
となると、選択肢はR1か。


R1IN

二軍だらけだ・・・さすがに金曜この時間は厳しいか。

富士さん「なんかよう、さっきっからあのねーちゃんがチラチラ俺の事を見てくんだよ。こりゃぁ、いっちょいっちまうか~?」

待ってください、あの嬢、猿以下じゃないですか!

ダメだ、このおっさん、飛行機の中でワイン飲み過ぎてぐでんぐでんだ。
ここでPBさせるわけにはいかない。よし、出よう。


マーキュリーIN

ダメだ、さっき以上に劣悪だ。

富士さん「なんかよう、さっきっからあのねーちゃん」

バド「わかりました、次ぎ行きましょう。」


25:00

もはや選択肢は限られている。
ロリポップはこれまた、私とヒロの諸般の事情で突入できない。
ならばしょうがない、残しておいたR4に突入だ。


R4IN

二軍エリア入り口横のひな壇奥にぶち込まれた。
一軍スペースはまったく見えない。
そして二軍お立ち台も、二軍どころか三軍しかいないぞ!

富士さん「なんかよう、さっきっからあのねーちゃん」

ダメだっ、ヒロ、なんとかしてくれっ

その時ヒロが、一軍エリアのひな壇をゲットして戻ってきた。

でかした!持つべきものは手馴れたスパンヤオだ。

バド「富士さん、移動しますよ。」


一軍エリアへ向かう時、昔ちょっと知った二軍エリアの『後頭部断崖絶壁25番』とすれ違ったので、少々歓談する。

「バド、あんた、目の下のクマがひどいけど、クスリでもやってんの?」

やってねーーーー これはな、勝負疲れってやつよ


一軍エリアへ移動

目を疑った。

富士さんが既に嬢を召還している!!

はえー、はえーよ、あんた、リーチ早すぎだよ。



・・・・・。



しかし、一応は正気だったようで、しばらく歓談して放流した。

さて時間は26:00近い。

このままここに居ても食いっぱぐれるだけだ。

しかし、バンコクの夜の懐は深い。我々には、最後の砦テーメーがある!!



だがね、私は強く思った。

今のナナプラで、R2に行けなくなると、片翼どころか両翼をもがれた鳥だね。


つづく




P.S.
我々はテーメーに向かうためチェックビンし、テーメーへ向かうために階段を降りる。

その時、R2のデックサーブ『レム』とすれ違ってしまった。


レム「バド! あなた、R2に来ないの? ○○待ってるわよ?」


オレは苦笑して、そっと首を横に振る。

レムは悲しそうな顔をして去っていった。


次回、意を決してR2に飛び込んだバド氏が見たものは、そして、その後に・・・。かしこ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

birdbkk

Author:birdbkk
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。